これで安心!誰にあげても喜ばれるお土産の選び方3選

万人受けしそうなものを選ぶ

家族や友人、同僚や上司など、その関係性にもよりますが、誰にでも喜ばれるお土産を選ぶのは案外難しいものです。そのような場合は、「自分が何とも思っていない人から貰ったとしても迷惑でないもの」または「嬉しいもの」という基準で選ぶのが一番簡単な方法でしょう。デザイン1つを取っても、いくら高級なお土産だからといってキラキラの装飾が眩しいほどのお土産は、決して万人受けするものとはいえませんよね。好みがまったくわからない場合は、ユニセックスなものを選ぶのも無難でしょう。

相手がある程度日常的に使いそうなものを選ぶ

いくら便利なものを貰ったとしても、使わないものであれば、役目を果たしません。貰った本人も、好きなものや興味があるものでなければ、その価値や素晴らしさを理解することは難しいのではないでしょうか。ですから、お土産を買う前にできるだけその人についてリサーチを行うことはとても大切なことです。最近であれば、ブログやSNSのプロフィールからすぐに趣味などを確認することができるため、それに関連したものを用意するのは賢い方法です。

サイズは出来るだけコンパクトなものを選ぶ

基本的ではありますが、やはりせっかくのお土産だからといって張り切って大き過ぎるものをプレゼントするのも適切ではありません。その人が気に入るものであるという絶対的な確信があれば話は別ですが、やはり出来るだけコンパクトで邪魔にならないサイズのものを渡すのが無難でしょう。大きなお土産を渡すということは、相手の家からそれだけのスペースを頂くということにもなります。相手のことを考えて選んだという気持ちは伝わりにくいかもしれません。

スカイツリーの土産は、スカイツリー以外の場所でも購入可能です。代表的なのは、羽田空港でも数種類の土産を販売しています。