再発見!こんなにあった!リュックの良いところ

両手が使えるから安全・便利!

あなたはどこかに出掛けるとき、どんな鞄を使っていますか?肩掛けバッグ、ハンドバックなどいろいろな鞄がありますが、今回はそんなよくある鞄の1つ、リュックの魅力に迫っていきたいと思います。まずリュックを使う利点として挙げられるのが、背負っている状態であれば必ず両手が空くことです。両手が空いていれば、電車等での移動中に携帯をいじったり本を読んだりするのも簡単ですよね。それだけでなく、段差に躓いたり雨や雪の日に滑ったりしても手をついて身体を支えることが出来るし、近くに何か掴まれそうなものがあればすぐに掴んで転倒を防ぐことが出来ます。これなら万が一そのような事態に陥って転んでしまっても怪我をする確率がぐっと下がり、安全です。また、小さなお子様がいるお父さん、お母さんの場合、片方の手を子供と繋いでいても、もう一方の手は空いていることになります。そのため子供が転んでしまっても空いているもう片方の手を使って咄嗟に支えてあげることが出来ます。両手を空けることで防げる危険がたくさんあることが分かりますよね。

腕や肩で荷物を持つよりも楽チン!

2つ目の利点は荷物の体感重量にあります。長い間、腕や肩に重い荷物を掛けていると、だんだん疲れて来てしまうそんな経験はありませんか?しかしこの悩みもリュックなら解決出来ます。同じ荷物量でも、腕や肩に持つのと背負うのとでは後者の方が軽く感じる、というのはご存知の方も多いのではないでしょうか。これは腕や肩で持つ鞄の場合、負荷が片方の腕・肩に全て掛かってしまう一方、両肩で背負うタイプのリュックなら負荷が左右で半分ずつに分散されることに理由があります。2か所に負担は掛かってしまいますが、1か所に集中して負荷を掛けるよりも数か所に分散させる方が楽に荷物を持ち運ぶことが出来るのです。その分疲れにくくもなり、長時間背負っていても肩掛けバッグやハンドバッグのように疲れて来てしまった、という事態にも陥りにくいのです。長時間移動する日には適切な鞄、ということが出来るでしょう。

左右均等に重さが掛かるから身体が傾かない!

3つ目の利点は身体への負荷が掛かるバランスが良い、という点です。2つ目にも書いた通り、リュックは両肩に均等に重さを分散させて荷物を持ち運ぶことが出来ます。これが実は人体にとっても良いことなのです。皆さんが肩掛けバッグ、ハンドバッグを持つときは身体の右側、左側のどちらに持つでしょうか?好みはあると思いますが、大抵の人が毎回どちらか決まった方だけを使って持っているのではないでしょうか。重い荷物をずっと同じ方だけに持ち続けると、気付かぬ間に身体が歪んでしまうことがあるのです。重い荷物を片側に掛ければ当然身体はそちらに傾きます。それを修正しようと私達の身体は自然と反対側に傾くのです。そして、これを毎日続けているとその向きに身体を傾けるのが癖になってしまい、荷物を持っていなくても身体が傾いてしまうようになります。しかし左右両方に同じ重さが掛かるリュックなら背負っても身体が傾かないのでそのような修正を行う必要はありません。結果、身体が歪むこともないのです。このように様々な利点をリュックは持っています。皆さんもリュックの良さを見直して、是非使ってみては如何でしょうか。

リュックのブランドは幅広い世代から大人気です。そのために、売却を希望するなら高額による買取が可能です。